2013年8月12日 - 佐藤 久史, 北野校   

大会シーズン

こんにちは。

猛暑で1レッスン1枚ペースでウエアを取り換える日々が続いてます。

 

でも

 

「暑いっ!!」

 

と思って隣のコートを見ると井澤ユースケ・サンタ コーチ が

 

私の10倍  全身汗だく!! でした。

 

ユースケ

俺もっと頑張るわ!!

 

 

 

そして

 

 

ただ今

 

 

ジュニア選手たちは

 

大阪で全日本ジュニアテニス選手権 真っ只中。

道内でも夏の大会が大体終わったところです。

 

全日本ジュニアテニス選手権には北野校から16歳以下女子シングルスに

東 優花 選手が出場しました。

そして宮の森校からは12歳以下男子ダブルスに小泉選手・鎌田選手が

旭川校からは18歳以下ダブルスで越江選手が出場しました。

 

残念ながら、全国の壁は厚く、勝ち上がれなかったですが、

多くの貴重な体験をして、

今後につながるものを掴んできたことと思います。

 

北海道の大会でも結果を出せた選手。

残念ながら出せなかった選手がいました。

 

結果を出せた選手は今まで1年や2年結果が出ず、悩んで悩んで

今回に繋がった選手ばかりです。

 

 

本当に良かったです。親御さんもおめでとうございます。

 

結果が出なかった選手も多く、

私も「あーすれば良かったのか?ここが足りなかったのか?」と

 

コーチとしての責任を痛感してます。

 

しかし、大会は次もあります。

負けるからこそ、それを乗り越えるノビシロが生まれます!!

 

次こそは勝利の味を噛みしめられるように、

きちんと反省をしてレベルアップしていこう!!

 

皆それぞれ その選手にしかない良い所があります!

 

もう1歩・2歩で上手く歯車が噛み合って行くんじゃないかな?!

きっと良い方向に転がるはず!!

とも思います。

 

全国・全道の強くなっていく選手は皆必死に練習しています。

 

頑張って当たり前。

 

まだまだ自分はテニスに対する取り組み方が甘い!!

 

頑張れば絶対に強くなれる!!

 

と強く思い。

 

 

更にもう1つ2つギアを上げてテニスに取り組んで行こう!!

 

勝ち上がった選手達も、

そこで満足していたら簡単に足元すくわれます!

 

満足せずにもっともっと上を目指して切磋琢磨して行こう!!